Hatena::Groupactionscript

ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記

2009年02月17日 火曜日

データーの型(1)

| 08:05 | データーの型(1) - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - データーの型(1) - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 データーの型(1) - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 のブックマークコメント

ArrayとArrayCollectionを調べていくと、へぇ〜、と思うことがいくつか出てきました。Perlや、PHPRubyなどを触ってみて、ActionScript3を見てみると、知らないこと・違うことがあって面白いです。

折れ線グラフに渡したいデーターの形をArrayで作ろうと思っていたのですが、ArrayCollectionというのが調べているとでくるのです。しかも、便利だよ、と。何が便利なのかについては、いまいちわからないままなのです。

object

Array型

ArrayCollection型?

  • Arrayに色々なメソッドを足した(らしい)

サンプル

ソース

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="absolute"  applicationComplete="init()">
	<mx:Script>
		<![CDATA[
			import mx.collections.ArrayCollection;
			import mx.controls.Alert;

			//  object型のデーター
			private var object:Object = {
				'date' : '2008/00/00',
				'value' : 1200
			}
			
			//  object型のArrayデータ
			private var array:Array = [
			{
				'date':'2008/00/01',
				'value' : 1200
			}
			];

			private var al:ArrayCollection = new ArrayCollection(array);
			
			private function init():void{
				// Alert.show(object.date.toString());
				// Alert.show(array[0].date.toString());
				Alert.show(al[0].date.toString());
			}
		]]>
	</mx:Script>
</mx:Application>