Hatena::Groupactionscript

ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記

2009年01月29日 木曜日

Flex builder 3を試してみる(番外編)コンポーネントのサンプル

| 01:35 | Flex builder 3を試してみる(番外編)コンポーネントのサンプル - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Flex builder 3を試してみる(番外編)コンポーネントのサンプル - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 Flex builder 3を試してみる(番外編)コンポーネントのサンプル - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 のブックマークコメント

コンポーネントのサンプルがFlex SDKにあるそうです。ところが、コンパイルしないといけないそうです。Windows用には.batファイルがあり、MacOS X向けには.shファイルがあります。これを利用して、たくさんのファイルをすべてコンパイルしていきます。

実行

/bin/sh build.sh

で、出来上がりまでMacBookPro で、10分少々かかりました。

Flex builder 3を試してみる(7)画像を読み込む

| 01:10 | Flex builder 3を試してみる(7)画像を読み込む - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Flex builder 3を試してみる(7)画像を読み込む - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 Flex builder 3を試してみる(7)画像を読み込む - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 のブックマークコメント

画像を表示してみた

Imageコンポーネントを利用した方法

  • そろそろコンポーネントって何か知りたいんですが...
  • 表示するだけじゃなく、Imageコンポーネントにイベント時のfunctionを設定できた
  • ついでに背景色を#e7e7e7にしてみた
  • 外部読み込みと、埋め込みの方法がある
    • 外部読み込みは、URLでもOK。ただし、crossdomain.xmlが必要

mxml(上は外部読み込み。下は埋め込み)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="absolute" backgroundColor="#e7e7e7">
	<mx:Image source="book-20090130-01.jpg"  click="onClick()" x="0" y="0"/>
	<mx:Image source="@Embed('etc-20090130-01.jpg')"  click="onClick()"  x="250" y="250"/>
	<mx:Script>
		<![CDATA[
			import mx.controls.Alert;
			function onClick():void{
				Alert.show("画像ですよ");
			}
		]]>
	</mx:Script>
</mx:Application>

Flex builder 3を試してみる(6)音を鳴らす方法

| 09:06 | Flex builder 3を試してみる(6)音を鳴らす方法 - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - Flex builder 3を試してみる(6)音を鳴らす方法 - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 Flex builder 3を試してみる(6)音を鳴らす方法 - ActionScript(AS3)やFlexを勉強しようと思ってはじめた日記 のブックマークコメント

音を鳴らす方法はいくつかあるらしい

f:id:d4-1977:20090130002643p:image

意外と簡単にできました。試してみたのは、1つめの方法。