Hatena::Groupactionscript

ConquestArrow.addEventListener();

2007-05-12

[]flash.debugger.enterDebug() 11:23 はてなブックマーク - flash.debugger.enterDebug() - ConquestArrow.addEventListener();

ドキュメントに載っていないAS3の隠しAPI(関数、クラス)シリーズ。

flash.debugger.enterDebug()

デバッガーを起動できる関数。クラスに属しているわけではなくて、package直下の関数。そもそも、flash.debuggerというpackage自体が隠しpackageになっている。コード中の任意の箇所でデバッグを開始できる利点がある。デバッグ版のプレイヤーで右クリックメニューから起動するのと同じ?

使い方

//インポート
import flash.debugger.enterDebug;

...

enterDebug();

参考:Conditionally enter Debugger in Flex 2

[]Error.throwError(type:Class, index:uint, ... rest) 16:32 はてなブックマーク - Error.throwError(type:Class, index:uint, ... rest) - ConquestArrow.addEventListener();

ドキュメントに載っていないAS3の隠しAPI(関数、クラス)シリーズ。

Error.throwError(type:Class, index:uint, ... rest)

任意のエラーをthrowするErrorクラスの関数。第一引数typeにはエラー系のクラス(Error, ArgumentError, EvalError...)を指定し、第二引数indexにはエラーコードを指定する。第三引数以降は、そのエラーコードに対応したエラーメッセージ中のリファレンスだと「_」であらわされている所に入る文字列を指定する。

基本的には内部で使われている様子。普通はthrow new Error(...)なんていう形が基本なのであんまり使いどころがない。

第一引数ErrorでなくてClassなのが不思議なところだが、Tamarinのソースの中に入っていた実装をみるとErrorとその子孫クラスしか想定してなさそうだったので他のクラスを指定しても意味がなさそうだ。

OtmanOtman2012/04/15 10:31That's a smart way of lokiong at the world.

djsasjdjsasj2012/04/19 00:38NkKrLd , [url=http://toitvxjvvxzq.com/]toitvxjvvxzq[/url], [link=http://oweivlzunyov.com/]oweivlzunyov[/link], http://mhaxeqmzrejp.com/

トラックバック - http://actionscript.g.hatena.ne.jp/ConquestArrow/20070512